スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←厚木の反乱 →ジョウビタキ来る
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 郷愁
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏物語
  • 【厚木の反乱】へ
  • 【ジョウビタキ来る】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

郷愁

地名考

 ←厚木の反乱 →ジョウビタキ来る
    地 名 考 ~市町村合併華やかなり~

綾瀬市の住居表示が次々と変わっている。私の兄の住んでいる地名を「落合」というが、これが南北に分かれて、それぞれ“落合南”“落合北”となった。
 これに対して、兄はひどく憤慨していた。
 「なぜ“南落合”“北落合”としないのだ!」
という主張である。私に言わせれば、あまり差がないように感じるのだが、彼にとっては、身を切られるほど、「残念な改変」なのだそうだ。
 「そうだろう、“南落合”と“落合南”とでは品格が違う。軽井沢だって“北軽井沢”とは言うが、“軽井沢北”とは言わないではないか。」
 …??何となく兄の主張が正しいような気もするし、そうでもないような気もする。要するに、フィーリングの問題なのではなかろうか。
 そこで、東京の新宿にも確か「落合」という地名があったはずなので、地図を見てみることにした。なるほど、“西落合”“上落合”などとなっている。新宿区では、東・西・南・北や上・中・下などは、いずれも地名の前についている。“北新宿”“西早稲田”“東五軒町”“中落合”などだ。
 確かに“落合西”とか“落合南”では、バスの停留所のような雰囲気で、品格がやや落ちる気もする。こうなると必ずしもフィーリングの問題だけとは言えないのかもしれない。それにしても、綾瀬の落合を「軽井沢」と比較しては、軽井沢に申しわけないような気がするのだが。
 ついでに、新宿区の地名をみていたら、さすがに歴史を感じさせるものが多いのに気が付いた。“百人町”“高田馬場”“神楽坂”“内藤町”“市谷加賀町”…。
 それは新宿が、江戸時代には江戸四宿の一つだったからだ。東海道の“品川”、中山道の“板橋”、日光・奥州街道の“千住”と並んでの四宿で、ここで、旅人は友人・知人と別れて遠く旅立っていったり、また、各地から戻ってきて、ここで旅の垢を落として江戸入りしたりしたのだ。だから、非常ににぎわった場所である。
 かつて新宿は、内藤氏の治めた宿(しゅく)ということで、“内藤新宿”と言ったのだが、新宿は甲州街道への出入り口の宿であった。歴史的な地名が多いのはそのためだ。
 
 ところで、綾瀬市では小・中学校が続々と誕生した時期があって、当時、校名をつけるのにも困ったことだろうと想像される。その結果、綾瀬の北に位置する学校だから、「綾北(りょうほく)小学校」としてみたり、西に位置する学校だから、「綾西(りょうせい)小学校」としてみたりした。もちろん南の小学校は「綾南小学校」である。
 たまたま、東に位置する学校がなかったので、「綾東小学校」という学校は存在しないが、あったとすれば、『青竜・白虎・朱雀・玄武』ではないが、東・西・南・北、揃い踏みだ。いずれも、綾瀬の“瀬”を切り捨てて北・西・南をつけただけだ。
 こうみてくると、どうもあまり困った様子も苦労した様子もない。
 それにしても、もう少ししゃれた校名はなかったのだろうか。どうせなら、「北綾瀬小学校」とか「南綾瀬小学校」にした方がまだよかった気がする。
 そもそも「綾北」「綾西」などは読みにくくて困る。私が、綾北中学校に勤めていた時のことだ。横浜の人が、
 「あやきた中学校の先生、いませんか!」
と言われたことがあった。その時私は、「まあ難しい読みだし、“あやきた”と呼ばれても仕方ないか。」とあえて訂正しようとはしなかった。
 同じように、「綾西」は「あやにし」と呼ばれるはずだ。さて、「綾南」はなんと呼ばれるのだろう。いくらなんでも「あやみなみ」とは言うまい。日本地図を見ていたら、なんと香川県に“綾南(りょうなん)町”という地名があった。
 私が、この時思ったのは、学校の所在地をそのまま素直に校名にしておけばよかったのに、ということであった。なぜなら、元々綾瀬の地名には、ずいぶんしゃれた名の地名があるからだ。たとえば、「綾北小学校」「綾北中学校」の所在地は、それぞれ“寺尾”“深谷”である。だから、「寺尾小学校」「深谷中学校」にすればよかったのだ。また、「綾西小学校」の所在地は“吉岡”だ。これも「吉岡小学校」の方がしゃれている。
 特に、四番目の小学校は「小園小学校」とすべきだった。なぜなら、この学校は“小園”という地名の場所にできのだから。“小園”とは、なんともすばらしい響きを持っている言葉でないか。“寺尾”や“深谷”の比ではない。
 “小園小学校”だったなら、ここに学ぶ子供はみんな上品で洗練された、それでいて、あどけなさを失わない子供ばっかり、という印象を与えたはずだ。
 しかも、全国でも「小園小学校」などという名はそうそうあるものではない。
 結局、この学校は、「早園小学校」という校名になってしまった。これも悪くはないが、「小園」という地区と「早川」という地区の両方から子供が通ってくるので、その両方の地名の頭“早”“園”をとって折半しただけ、というイージーさと中途半端な印象は拭えない。両者の面目を立てたのだろうが、素直につければよかったのにと惜しまれる。それに、これも読みが難しく、初めてみた人は、なんと読むだろうか、“はやぞの小学校”だろうか。
 ちなみに、最後にできた小学校を「寺尾小学校」という。つまり、もう“北”も“西”も“南”も使いきってしまったので、あとからできた小学校の方が、元々の地名を素直につけたのだ。八番目も九番目も所在地を校名とした。「落合小学校」「土棚小学校」と言う。恐らくはじめの学校の関係者は「しまった!なぜ“寺尾小学校”にしておかなかったのだろう。」とか、「“土棚小学校”にしておけばよかったのに」とか思ったに違いない。
 というふうに、綾瀬市の校名を見てきたのだが、なんと歴史的には“綾北小学校”も“早園小学校”も、はるか昔にその名がついていたのだった。『綾瀬市教育史』をみてこのことを知り愕然(がくぜん)とした。“早園小学校”は明治27年に、“綾北小学校”は明治30年に設置されていた。ということで、この両校の校名はまことに由緒正しい校名であったのだ。
 それにしても、当時はまだ幕末の気風抜けざる時代であったはず。明治人は言葉に対する感覚が鋭く、校名設定にはずいぶん気を使ったと思われるのだが、現代の人とさして変わらないということも、また驚きである。
 
 今、世は市町村合併で大変だ。住民投票で合併するかどうかを決めたりしている。
中には、“新しい町の名が気に入らないから”と、合併の話がこわれてしまったところもあるようだ。
 だから、市名や町名は「フィーリングの問題だ」などと簡単に片付けられない根の深いものがあるのだろう。
 平成の大合併で、556の新しい市町が生まれた。
 先に「地名は素直につけるのがいい」と言ったが、これら新しく生まれた市町の地名には、素直なものがあったり、こり過ぎて妙なものがあったりして、見ていて楽しい。
 
 ところで、556の市町が生まれたということは、同時に、その数の何倍もの市町村がなくなったということを意味する。新聞に載っていた“消えゆく”全国の地名のうちで、なくすに惜しいものが無数にあった。それは、過去、私が旅の途中で寄った懐かしい地名であったり、由緒ある歴史的な地名であったりするのだが、少なくとも、“字(あざ)”だけは残してほしいものと思う。いくつかあげてみよう。

 不知火町(熊本県) 須佐町(山口県)
 大社町、美保関町、八雲町(島根県)   城崎町、出石町(兵庫県)
 信楽町(滋賀県)   庄川町、八尾町(富山県)
 両津町、相川町(新潟県)   戸隠村、安曇村(長野県)
 修善寺町、韮山町(静岡県)   白州町(山梨県)

 これらの地名は、私の個人的な思い入れからあげたものであるが、“消えゆく地名”を見て、それぞれの人にはそれぞれの感慨があるはずだ。
 たとえば、山口県の「須佐町」などは、私にとっては忘れがたい懐かしい地名である。ここ、須佐町には、江戸時代の『唐津須佐焼』の窯(かま)跡が残っている。いつか、知人に案内されて行ったことがあるが、九州の唐津焼と萩焼を調和させて、新しい陶器・『唐津須佐焼』を生み出したのだ。それが今復元されている。この時、窯元まで行って湯飲みを一揃い買ってきた。今も愛用している。「須佐町」がなくなってしまったのでは、これからは、この湯飲みを「何焼」と言ったらいいのだろう。「消滅焼」とでも言ったらいいのだろうか。
 また、須佐町は、海岸に“ホルンフェルス”という横縞(よこじま)模様の地層の大断崖があることでも有名である。
 そういう意味で、「美保関町」も「庄川町」も「天城湯ケ島町」も、みな私にとっては懐かしい地名である。
 また、「大社」「信楽」「修善寺」「韮山」などは、歴史を色濃く残こす地名だから、なんらかの形でそれらの名が残されることを期待している。
 富山の「八尾」などがなくなってしまったが、“風の盆”はどうなるのだろう。
 また、「八幡町」は、“郡上市”になるから、あの一夏を踊り明す“郡上踊り”は健在なのだろうが、いっそのこと、“郡上八幡市”とすればよかったのに。
 いつか山口県の人と話す機会があった。“周東市”にお住まいという。しかし、“周東市”など聞いたことがない。「え?そんな名の市があるんですか?」と聞くと、なんと“徳山市”のことだった。徳山市など二市二町が合併して新しい名になったのだそうだが、どうして“徳山市”にしなかったのだろうか。「いや、昔からあの地方を“周東”といっていましたから。」とさして気にしない様子。そういえば、あのあたりは“周防の国”で、その南に位置するのだから、“周東”でいいのかもしれない。
 一方、新しい市町名で変わっているものをいくつかあげてみよう。

 錦江町(鹿児島県) 吉野川市(徳島県) 四万十市(高知県) 伯耆市(鳥取県)
 安芸高田市(広島県)  周防大島町(山口県) 京丹後市(京都府)
 葛城市(奈良県)  白山市(富山県) 飛騨市(岐阜県) かすみがうら市(茨城県)

 自然や風物をそのまま新市町名にしてよかったと思われるものに、「錦江町」「吉野川市」「四万十市」「白山市」などがある。“湾”や“川”や“山”が素直に市名になった。「かすみがうら市」はどうだろうか。ひらがなの地名は今までもなくはないが、6音では少々冗長な感じがする。市民が住所を書くのにも疲れてしまうのではないだろうか。
 一方、私は、漢字4文字の地名が好きで、今までも「会津若松」とか「陸前高田」などという地名には何となくあこがれていた。今回も「安芸高田」とか「周防大島」とか「那須塩原」などがあるが、とても良かったと評価している。漢字だと、4文字でも冗長には感じられないから不思議だ。また、旧国名などを使った「伯耆町」「さぬき市」「京丹後市」「葛城市」「飛騨市」なども評価できる。
 「長野県山口村」は、日本で初めての岐阜県への越県合併をした。晴れて「中津川市」だ。でも、一体元の「山口村」は何県になるのだろう。
 
 さて、「素直な地名」ということに戻ろう。
 愛知県の中部国際空港の近くの二町(南知多町、美浜町)が合併するについて、『南セントレア市』にしようという意見があったらしいが、さすがに思いとどまったと聞く。それはそうだろう。日本国中、いくら探してもカタカナだけの地名はない。
 からくも「南アルプス市」があるが、これも白根町など4町2村が、平成の大合併でできた新しい市だ。どういう経過で「南アルプス市」と決まったのかはすぐ分かる。なぜなら、南アルプスの山麓に位置する美しい自然に囲まれた地域だから、「アルプス」という言葉を冠することになんの抵抗も感じない。
 ただ、南アルプス市の中学校の生徒たちは、省略して言うと「アル中」になってしまうから反対だと言ったという。
 それに比べて、「セントレア」などという発想はどこから出てきたのだろうか。インターネットで見てみたら、なんと、中部国際空港を「セントレア」と言うからだということが分かった。空港の所在地が「愛知県常滑市セントレア1丁目1番地」であった。その南に位置するから「南セントレア市」。なんとも奇抜だ。
 ところで、そもそも「セントレア」とはどういう意味だろう。これもインターネットでみてみたが、良くわからなかった。たぶん、“central”からきているのだろう。それにしても、南知多町は知多半島の外れだ。「中心、中央」を表すということで「セントレア」を使ったとしたのなら、僭越(せんえつ)でないのか。
 もっとも、南知多は知多半島の先端で、何となく南国かイタリアのムードが漂うところだから、「南セントレア」でもよかったかな。
 でも、市名の曰く因縁も意味もよく分からないし、斬新すぎて付いていけない人
もいるかも知れないから、おやめになって正解だ。
 
 神奈川県の県央4市が合併したらという人もいる。県央4市とは、「大和」「海老名」「座間」「綾瀬」であるが、さて合併した時には、どの市の名を残したらいいのだろう。
 「大和」は、「大和は国のまほろば」と言われるくらいで、日本の中心を表すし、案外いいような気もする。ただ、全国には「大和」と名のつく市町村は10もある。「大和郡山」とか「大和高田」などもこれに加えるとさらに多くなる。今回3つ4つ、合併のためになくなるのだが、それでもまだ多い。
 「海老名」は響きといいフィーリングといい、とてもいい。しかも、国分寺のあった由緒ある歴史の地名だ。だから、県央4市の市名は「海老名」が一番だろう。
ただ、そうなると人口が倍近い「大和」が黙っていないだろう。
 「座間」は、文字をみれば何と言うことはないのだが、「ざま」と読むと、濁音が入ってしまうので、響きがもう一つ感心しない。
 「綾瀬」は、当然文字といい響きといい申し分がないが、ネームバリューがない。
 昔、綾瀬に飛行場ができた時に、飛行場の名を「綾瀬飛行場」とはしないで、「厚木飛行場」としたという経緯がある。“厚木”の方が全国区の地名だからだろうくらいに思っていたら、そうではなかった。当時軍の決まりに「飛行場ができる場合は、その周辺にある“町”の名をつけること」というものがあったそうだ。綾瀬はもちろん当時村であったから、「綾瀬飛行場」とはつけられなかったのだということをごく最近知った。
 私が中学三年の時に、関西に修学旅行に行った。京都の人に「どこから来たの?」
と問われたので、「神奈川県の綾瀬から」と答えたら、まったく知らなかった。そこで「厚木飛行場のある町」と言ったら、すぐ分かってくれた。これは「厚木」が“全国区”だからというわけではない。戦後間もない日本人にとっては、連合軍最高司令官・ダグラス・マッカーサーが降り立った基地として、「厚木飛行場」の名は当時、とみに有名であったのだ。
 
 地名というものは、慎重に命名することが肝要だ。一度つけたらめったには変えられないのだから。そして、いつまでも市民、町民に敬愛され大事にされていくような名であること。なぜなら、生まれ育ったところは、いつになっても人々の心の故郷であり、心の支えだからである。そして、それを背負うのが地名である。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 郷愁
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏物語
  • 【厚木の反乱】へ
  • 【ジョウビタキ来る】へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【厚木の反乱】へ
  • 【ジョウビタキ来る】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。