スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←源氏物語たより253 →源氏物語たより254
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 郷愁
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏物語
  • 【源氏物語たより253】へ
  • 【源氏物語たより254】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

郷愁

妻という言葉

 ←源氏物語たより253 →源氏物語たより254
  妻という言葉

 “妻”という言葉ほど使いにくい言葉はない。いつもこの“妻”という言葉を使った時は、何となく面はゆいような、居心地の悪いような、そんな感覚が残る。そうかと言って、“女房”という言葉ではくだけすぎているし、使うのがはばかられる感じがする。
 この感覚はなんなのだろうか。また、私だけの感覚なのだろうか。
 第一に言えることは、“妻”というような、極めて個人的で卑近な言葉を、公の席で使うこと自体がはばかれるということだろう。それをあえて使おうとするから、何となく場になじまない、しっくりとしない感覚が残るのだ。
 それに“妻”という言葉が、二音であるというのも、言いにくさを助長させる原因になっている。
この二つの要素が重なった場合、みな言いにくい感覚が伴う。
 たとえば、“父”や“母”、あるいは“兄”や“姉”も同じように言いにくい。父、母の場合は、“親父(おやじ)”とか“お 
 兄、姉も同じように言いにくい。それぞれれ“あにき”とか“あねご(?)”などと言い直す。“おとうと”“いもうと”がさほど言いにくくないのは、同じ卑近な関係でも、四音だからだ。
 それでは、二音の“甥”“姪”などがさほど言いにくくないのはどうしてであろうか。
 これは、恐らく、自分との距離が離れていっているからではないのだろうか。二親等と、三親等との距離ということである。つまり、甥・姪は、「個人的な」関係にはあるものの、ある程度の距離が保たれているからだ。いわば甥・姪は一般性を帯びてきているのだ。
 それに対して、“孫”という存在は微妙である。孫の話しを得々とする人をよく見かける。何となく聞きづらいしみっともない感じがする。あれは、孫が二親等であるということで、完全には距離が保たれていず、まだまだ“身内”の存在 だから、孫の自慢話をするということは、いったんは一親等から離れた存在になったにもかかわらず、再度その関係を一親等くらいの距離に引き戻して話しているようなものだからだ。それで、素直に聞いていられないのかも知れない。
 でも、自分の妻や兄弟の自慢をするより、まだずっとましである。
 もし、上記の二つの理由が正しいとすれば、この“なんとなくはばかられる”という感覚は万人に共通のものであるはずだ。
 ところで、公式な場のみならず、雑談の席でも一般的には、“妻”という言葉はあまり使わない。使うとすれば一番多いのが、“内の女房が…”であろうか。時には“かかあ”と言う人もいるが、私にはこれは使えない。“かかあ”ではあまりに“妻”を尻に敷いているようだし、妻を侮っているようだし、そもそも田舎者丸出しの感じがするからだ。
 漢字で書くと、“嚊”または“嬶”となるのだが、藤堂明保の『学研・漢和辞典』(学習研究社)で引くと 
 「ヒイヒイと出る鼻息やいびきのこと」
とあり
 「妻を卑しんで呼ぶ言葉。鼻息の荒い女の意か」
とあるではないか。いずれの漢字も“かかあ”は、鼻に関係があり、鼻息の荒さを表現していて、亭主を尻に敷いている図であった。“かかあ”とは、亭主が妻を「尻に敷く」のだとばかり思っていたら、逆であった。
 それにしても、「ヒイヒイと出る鼻息」とは恐れ入った。こんな妻では、とても夜をともにすることはできまい。私の妻は、それほど鼻息が荒いわけでもないし、鼻が高いわけでもないから、この定義には当てはまらないが、いずれにしても、今後とも使用禁止語句であることに間違いはなさそうだ。
 妻のことを“彼女”という人もいる。しかし、これも若い時はともかく、私の歳くらいになると使いづらい。また、小指を出して「ウチのこれが…」などと言う人もいるが、きざっぽいし、何かかつてコマ-シャルにあった、小指を立てて「私はこれで職を失いました。」を連想させるからイヤだ。“山の神”とか“連れ合い”とか言うのもあるが省略しよう。
  
 ところで、妻たちは、我々男のことをどう言っているのだろうか。
 どうせこれも卑近さにおいては変わりないのだから、彼女たちも“よい呼び方”に苦労しているに違いない。多いのは、やはり“うちの主人”であろうか。これなら男にとっては極めて名誉な呼称だ。ただし、これは、『男女平等参画都市宣言』をしているような市では、使用禁止語句だ。その意味では“旦那”も“亭主”も同じだ。どうも、『〇〇都市宣言』をしてしまうと、表現方法が貧弱になったり行動が制限されたりして困る。
 一番いいのは、“家の宿六”だろうか。
 
 ずいぶん昔のことだが、藤本某(なにがし)とかいう人の本が、ベストセラ-になったのを記憶している。その本の主題は、
 「卑近な言葉は使い続けているうちに臭みがついてしまい、その臭みを取るために、新しい言葉を使い始める。しかし、しばらく使っているうちにまた臭みが出てくる、という具合で、卑近な言葉ほど新しい言葉を派生しやすいのである。」
というような内容であった気がする。
 そして、その例として、“トイレ”をあげていた。確かに、トイレは、かつては“厠”“雪隠”“御不浄”などと言われていた。私が子供のころ、案外使われていた言葉に“はばかり”というのがあった。この言葉などはすっかり臭くなってしまって、今ではとても使う気になれない。 そもそも“はばかり”を辞書で引くと、
 「恐れ謹むこと、遠慮、差し支えがあること」
などとあり、いかにも便所にふさわしい感じの言葉ではある。ただあまりに直接的すぎて、もともと恐れ謹んで使わない方がよかった言葉なのだ。
 ついでに言えば、“はばかり顔”という言い方があるが、この意味は「申しにくいことだが」ということだ。だから、便所に行く時は小さな声で言う。
 「ちょっと、トイレに。」
というように。
 “手水場”はどうか。
 「清涼殿の西廂、朝餉の間に北接し、天皇が手水を用いたところ」
とあるではないか。手水場は、恐らく朝餉(あさがれい 天皇の食事)の前に天皇が手を清めるために使った場所のことであろう。それをいつか便所の意味で使っていたのだ。なんと“はばかりの多い”ことである。
 私のよく行く焼き鳥屋のカウンタ-に、新潟かどこかの酒の広告がおいてある。その酒の名が、なんと“雪椿”なのだ。「ゆきつばき」とでも言うのだろうが、目の前にいつも置かれているので、どうも落ち着いて止まり木に座っていられない。
“雪隠”(せっちん)を連想してしまうのだ。そわそわしてしまうから名前を変えるなり、別の酒の広告にした方がいいのに、と思いながら飲むのでつい飲みすごしてしまう。
 “便所”はもう十分臭みがついてしまっている。そこで、便所は“トイレ”になり“化粧室”などというしゃれた言い方になった。“トイレ”も“化粧室”も、今ではだいぶ臭みがついている。今後はどういう呼び方になるのであろうか。
 女房の話から、トイレの話にまでいってしまって、“妻”にはまことに失礼な段になってしまったが、卑近なものは臭みがつきやすい、“女房”も、卑近であることに間違いない。したがって、臭いがつきやすいという性質を持っていると言いたかっただ。 もっとも“女房”も平安時代は大した存在であったのだが。
 女房以外では、やはり“妻”としか言いようがないようである。何かいい呼称はないものであろうか、と思案顔をしていたら、妻が胡乱(うろん)臭い目で見ていた。。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 郷愁
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏物語
  • 【源氏物語たより253】へ
  • 【源氏物語たより254】へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【源氏物語たより253】へ
  • 【源氏物語たより254】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。