スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←弁論大会の思い出 →源氏物語たより327
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 郷愁
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏物語
  • 【弁論大会の思い出】へ
  • 【源氏物語たより327】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

郷愁

混浴考~西洋人から見た日本の混浴~

 ←弁論大会の思い出 →源氏物語たより327
    混浴考 ~西欧人からみた日本の混浴~

 江戸時代の銭湯は混浴であったということを、今まで知らなかった。
 ペリ-やハリスが日本にやってきて、驚嘆したのはこの混浴であった。
 『ペリ-提督日本遠征記』(NTT出版 猪口孝監修 三方洋子訳)の中には、伊豆下田における庶民の様子がいろいろ記述されているが、特に、婦人のお歯黒と混浴のことについては驚きの目をもって記している。混浴の部分を引用してみよう。

 『(下田の)住民は礼儀正しく控えめだが感じがいい、という日本人に特徴的な性格をしている。ある公衆浴場のように男女の区別なく入浴している光景など、この土地の人々の道徳感情については、アメリカ人にあまり好ましい印象を与えない。だが、これが全国の風習というわけではないだろう。我々の身近な日本人もそう言っていた。しかし、下層階級はほかの東洋の国と比べて道徳的に優れてはいても、猥(みだ)らであることは確かである。浴場のことはさておいても、大衆の間には猥らな挿し絵入りの文学がはやり、これは大衆が放蕩(ほうとう)好みであることを立証している』

 「全国の風習というわけではないだろう」というペリ-の予測に反して、当時は、全国の町の銭湯も温泉もほとんど混浴であったようだ。
 ハリスも、日本の混浴の風習については忌諱(きい)の念をもってとらえている。彼は、敬けんなプロテスタンであって、高い道義心を持っていた。彼の目には、日本人の礼儀正しさ、勤勉ぶり、好奇心の強さ、人情の厚さなど、どの国にもまして優れたものとして映っていたが、この混浴については、
 『日本人は清潔好きで、毎晩風呂に入る。公衆浴場はいたるところにある。ただどうしてそうする(混浴)のかは理解できない』
と言っている。
 ところで、時代はやや下るが、イギリスの旅行家のイザベラ・バ-ドという女性が、明治11年、東北地方を旅行している。そして、彼女の著書『日本奥地紀行』(平凡社 高梨健吉訳)の中に、青森の黒石の町で大衆浴場に入った時の様子が描かれている。

 『浴室は四つあるが、形式的に分かれているだけである。入り口は二つだけで、直接入浴者に向かって開いている。…中央の浴室では、男女がともに入浴していたが、両側に分かれている。…入浴者は親切にも私のような不本意な侵入を気にもとめなかった。車夫はそんなことをしては失礼だとは少しもわきまえずに、私を連れて入ったのである。
 …政府は最善を尽くして混浴を止めさせようとしている。しかし、このように遠く離れた田舎へ、社会の変革の波が押し寄せてくるのは、時間がかかるのであろうが、遅かれ早かれやってくることに間違いない。大衆浴場は日本の特色の一つである』

 明治になってもこのような状態であったのだ。それにしても、西洋婦人であるバ-ドが、ペリ-やハリスとは異なり、それほどの抵抗もなく混浴の湯に入っているというのは、奇異なことだ。
 明治政府は、混浴は日本の悪しき習慣であり、国際社会に仲間入りした日本の恥であるとして、その威信にかけて混浴禁止の触れを出すのであるが、バ-ドの言うとおり、青森の片田舎まで触れが届くのはずっと後のことである。
 実は、寛政の時代(1790年代)にも、幕府は銭湯の“男女入り込み禁止令”を出している。この時の様子を、ある草子はこう書いている。

 『町屋には前々から男女混浴の湯があり、女性専用の湯屋も三町に一軒くらいの割であったが、女湯は込み合ってうるさいと言って、わざわざ混浴に行く女もあった。しかし、若い女性が入ると押し合ってはなはだ困ったので、…寛政の改革で一切混浴が禁止され、湯船が別になって、そのようなことはなくなった』

 しかし、実際は、場末の銭湯は狭くてとても男風呂・女風呂に分ける余裕がないこと、さらに女の入る日が限定されてしまうということなどで、結局もとに戻ってしまう。その後も何度か、混浴禁止令が出されているが徹底しなかったようだ。
 ところで、銭湯や温泉場での混浴がなくなったのはいつのころだったのだろうか。 温泉場では比較的最近まで、混浴であったのではないだろうかと思っている。
 というのは、昭和34年、私が大学二年の時、二週間にわたる北海道旅行で、ある体験をしているからである。昭和新山が目の前にある小さな温泉宿に泊まった時のこと、友達と二人でゆっくりと湯に浸っていると、若い女性が、浴衣のまま入ってきて言った。
 「すいません、もう少し向こうに行ってくれませんか」
 我々が風呂場の入り口近くを占領していたもので、彼女たちは入ってきにくかったのだ。喜んで、場所を空けてやったところ、二人の女の人がおずおずと入ってきた。もちろん女性と風呂に入るなどとは思いもしなかったし、そもそも混浴だとは思ってもいなかった。しかし、不思議なもので、いざ女性が入っているとなると、なかなかそちらには目が向けられないもので、湯気に煙った昭和新山の噴煙ばかり空しく見ていたものだ。友達も、気持ちとは裏腹な動作をしていたようで、口数が少なくなったような記憶がある。
 寛政の草子には、「若い女性が入ると押し合ってはなはだ困った」とあり、“やはり江戸の人々も”と思わぬではないが、毎日毎日が混浴で、子供のころからそれが当然のことであったろうから、案外私のように、妙な、よこしまな気持ちは起こさなかったのかもしれない。
 それにしても、草子の「女湯は込み合ってうるさい」とは、江戸庶民の女のかしましさが垣間見られて楽しい。料金は一人10文(200円くらい)。入浴切手という回数券まであった。
 風呂がいかに日本人の生活に密着していたかは、式亭三馬の『浮世風呂』をみれば分かる。『浮世風呂』は、文化年間(1809年)の刊行であるから、先の寛政の改革から、概ね20年を経ている。この時代は田沼時代としてとみに有名で、江戸の文化が大きく花開いていた時代でもある。
 『浮世風呂』には、混浴の様子は描かれていない。“男湯之巻”“女中湯之巻”と男女に分かれている。ただ、前編前書きに
 『男女風呂を同じうせず』
などと、論語の“男女七歳にして席を同じうせず”をもじってふざけている。そこでは江戸の様々な階層の人々やいろいろの職業の人々、あるいは老若男女が登場し、嫁舅などの家庭のこと、歌舞伎や浮世絵などの趣味のこと、病気のことや人の噂話などなどが、実に生き生きと豊かに描写されている。その一場面を引用してみよう。

 『コレ、若けえ衆、流しをよく洗わっせ。老人はあぶねえ。滑りそうだ。コレ、また小桶をならべたことわい。通り道がねえ。…誰だか糠袋をあけた。あのざまわい。コレ、コレ、膏薬を足の裏へ踏んづけた。エエ、きたねへ』…
 『ヤ、おびただしい尻だ。アイ、ごめんなさい。コレ、コレ、おめえがたは悪いことだ。口もとをふさげていずと中へ入えんなせえ。後から入ることがならぬ。』

 このように、風呂は彼らの生活であり、人生そのものであったのだ。まさに“風呂なくしてなんの日本人ぞ”という状態である。日本人の風呂好きについては、何人もの外国人が、彼らの日記や書物に残しているが、日仏通商条約締結のために随行していたある随行員もその日記で、
 『どの階層の日本人も大の風呂好きである。熱い風呂は国民的習俗の一部をなしている。』
…そのため条約締結の係りの日本の役人が、毎晩風呂にこり過ぎるので、仕事にも支障を来し困ると嘆いているほどである。
 これほど風呂好きの日本人なのだ。条件が整わないままの混浴禁止令をいくら出しても効き目はない。入浴の魅力にひかれて、毎日毎日風呂通い、混浴だろうが男女別湯だろうが関係はない。西洋人が感じる世界とは、まったく別の次元のことであったのだ。
 最後に、混浴や風呂の風習について変わった視点から見ていた西洋人もいたので、それを紹介して、混浴談義は終わりにしよう。

 『日本の娘は13、4才でもう完全に成熟しているが、完全な若さは長いこと保てず、25から30に近づくと美貌はすたれ、…醜い容姿になっていく。…最大の原因の一つは、毎日のように浴びている熱い湯の風呂にある。下層階級の人間ですら度を超している。日本人の清潔好きはオランダ人よりはるかに発達していて、…
 仕事が終わって公衆浴場にいかないと一日が終わらない。…そこには生まれた時とほとんど変わらない格好をした裸の男女が何人もいて…男と女をへだてる板のついたてを使うことなどほとんどない。
 …日本女性は慎み深さに欠けているとずいぶん非難されるが、西欧人の視点から見た場合、その欠け具合は並大抵ではない。とはいえそれは、本当に倫理的な意味での不道徳というよりはむしろ、ごく自然な稚拙さによるものである。自然から与えられたものを隠す理由は何もないのであって…慎みを欠いているという非難はむしろ、それら裸体の光景を、避ける代わりにしげしげと見に通って行き、野卑な視線で眺めては、これは猥らだ、叱責すべきだと恥知らずにも非難している外国人の方に向けられるべきであると思う』
                                       (E・スエンソン著『江戸幕末滞在記』 新人物往来社より)



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 郷愁
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏物語
  • 【弁論大会の思い出】へ
  • 【源氏物語たより327】へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【弁論大会の思い出】へ
  • 【源氏物語たより327】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。