源氏物語

源氏物語たより446

 ←源氏物語たより445 →源氏物語たより447
   逡巡する明石の君   源氏物語たより446
 
 明石から大井に出ていたものの、冬ともなればこのあたりは誠に侘しいところで、心細く、気持ちも上の空になるばかりである。それを見越したように、光源氏からは街中に出てくるよう盛んに誘いが来る。しかしそう簡単に思いきれるわけはない。もし源氏様のつれなさを見尽くすようなことになれば、泣くに泣けないことになるだろう。
  「だったら」と源氏は言う。
 「だったら、姫君だけでもこちらによこしなさい。自分には考え(将来姫君を東宮に入れること)があるのです。今のままでは姫君に対して忝いことになってしまう。紫上に預けていろいろ教育させよう。袴着(はかまぎ 着袴の儀)のこともあるし・・」
 明石君は「ついに来たか」と胸がつぶれる思いになる。いずれはと思っていたことではあるが、それは姫君との永久の別れになるかもしれない事態なのである。
 そこで、彼女は理由にもならない理由を源氏に訴え、何とか事態を覆そうともがく。
 「紫上様のようなやんごとなきお方に姫君をお預けしたとしても、実母である私自身の生まれが卑しい以上、それはいずれ漏れ出てしまうことでしょう。そうなればかえって状況を悪くしてしまうのではないでしょうか」
 これに対して、源氏も先のような考えがあるから何とか説得せざるを得ない。
 「あなたは、紫上をいわゆる継母(継子いじめ)のようにお考えかもしれないが、彼女には子供もないことだし、こんなに可愛い姫君なのだからおろそかに扱うはずはないではないか。過去にもそういう例(前斎院を立派に世話したこと)が紫上にはあるのです。疑わずに預けなさい」
 明石君は、源氏の話に一応納得はする。
 「紫上様は優れたお方であることは、ほの聞いている。あれほど色好みが激しかった源氏様が、紫上様ゆえにそれがぴったりと収まったというではないか。それほどのお人なのだから、私のような人数にも入らない者が、出しゃばって行ってもみなさんに蔑(さげす)まれるばかりだろう。わが身はとにかく、将来のある姫君のことを考えなければ。それにいずれは紫上様の厄介になるのであろうから、一層のこと、姫君がものの分別もつかないうちに、紫上様に預けてしまおう」
と理性では考えるのだが、彼女の感情が付いて行かない。
 「でも・・私の手を離れたら、それはそれは気がかりでなるまい。姫君のいないつれづれなど慰めようもないではないか。こんな侘しい大井でどう日を暮せというのか。それにそうなれば源氏様のお立ち寄りだって、まずなくなってしまことだろう」 
と彼女は
 『さまざまに思ひ乱るるにも、身の憂きこと限りなし』
という状態に陥る。
 しかし母親の淳淳たる説得や陰陽師の卦などによって、ついに
 『(姫君を)放ち聞こえんことは、なほいとあはれにおぼゆれど、君(姫)の御ためによかるべきことこそは、と念ず』
のである。「念ず」とは我慢することである。女はいつも犠牲になる。
 そして「たより283」のように、雪の解けたある日、母子の哀しい別れを迎えることになるのである。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 郷愁
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏
もくじ  3kaku_s_L.png 源氏物語
  • 【源氏物語たより445】へ
  • 【源氏物語たより447】へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【源氏物語たより445】へ
  • 【源氏物語たより447】へ